ずっとやりたかったことをやりなさい ジュリア キャメロン

ずっとやりたかったことをやりなさい ジュリア キャメロン著 サンマーク出版

The artist’s way ずっとやりたかったことを、やりなさい

 存在は知っていたけど、読んだことのなかった本書。たまたま見ていたサイコパスおじさん岡田斗司夫さんの動画で紹介していたので気になってしまいました。

 日本語訳の題名は「ずっとやりたかったことを、やりなさい」(サンマーク出版)というものなので、そうすれば人生が豊かに幸せに過ごせる、とかいったマインドセット的な内容なのかと思っていました。が、英題は「The artist’s way(アーティストの道)」となっているように、クリエイティブさを求められている人・見に付けたい人に向けた、具体的な方法について書かれた本です。

 要約するともともとは、自身もクリエイティブな仕事での行き詰まりを感じていた筆者が、あるきっかけで自分の創造性を養う・伸ばせる方法を発見し、それまでの苦しみが嘘のように仕事がうまくいくようになりました。これは自分以外にも有効なのではないかと思った筆者は、その方法を周囲の同じようにクリエイティブさに悩んでいる仲間に指南したところ、その友人たちもまた豊かな想像力を発揮できるようになっていきました。

 そうしているうちに、もっと同じように悩んでいるアーティストの助けになりたいという思いで、その方法をメソッドにしてNYでワークショップを開くようになったところ、効果を感じた体験者からまた筆者の噂は口コミでどんどん広がっていきました。

 そんな中、友人の一人からメソッドを本にするように勧められて執筆したのが本書、というわけです。

 サイコパスおじさんは、買わなくていいといったのですが、そういわれると本当にそうなのか試したくなるという、疑い深い性分なもので、kindleで購入して読みました。

 …結果、おじさんの言っていた通り、岡田斗司夫さんのYOU TUBEの本紹介動画を見ているのであれば、買わなくても良かったかもしれないです(笑)。ただそれは、実際買って読んだ後だから言えることかもしれません。本当にこのメソッドを実践したい、効果を感じたい、自分を変えたい、と思っている人であれば、動画で簡単に全体像をつかんだ後に本も読んで、深く理解した方が良いと思います。

 重要なポイントは二つ。「モーニングノートを書く」ことと「アーティストデートをする」ことでした。ただ、なぜそうすることで創造性・クリエイティビティが身に着くのかや、それを継続して実行するためのコツなど、詳しい記述は本を読んだ方がより理解が深まるのかな、といった感想です。

 どうやってその二つを行うのかは、動画を見るのが早くてわかりやすいと思います。モーニングノートは、誰にも見せてはいけないとか、アーティストデートはよほどのことが無ければキャンセルしてはいけないとか、実行するにあたって効果を発揮するためのルールがあります。

 私もダメ元で、モーニングノートから始めてみようと思い、A4ノート買いましたよ!そしてなんと今日から始めてみました。続けられるのか?実際どういう効果があったのか?とかは、今はまだわかりませんが、動画のレビューやアマゾンレビューなどを見ていると、実践している人ではそれなりに効果があるようです。

 また、しばらくしたら実践してどうだったか、はたまた挫折したのか、追記したいと思っています。お楽しみに!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA